?
秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum

「秋田の先覚記念室」
企画コーナー展

生誕150周年
 「探検家・白瀬矗」

6月4日(土) ~ 7月31日(日)

ポスターの大きな画像はこちら

 秋田県にかほ市(旧金浦町)出身の白瀬矗が率いる「白瀬日本南極探検隊」が明治43年11月28日の国民による盛大な壮行会を経て、翌29日に木造機帆船「開南丸」で東京・芝浦を出航します。そして、45年1月28日、白瀬中尉をはじめとする突進隊は、南緯80度05分西経156度37分の地点に達し、見渡す限りの一帯を「大和雪原(やまとゆきはら)」と命名しました。南極大陸の貴重な情報を手に、その後全員が無事帰国したこの冒険は、世界の探検家に比肩する偉業でもありました。夢をかなえるために人生のすべてを懸けた白瀬の生誕150年、そして南極到達100周年の節目を迎え、その業績と生涯をあらためて紹介します。

展示構成と主な展示資料

1、白瀬矗の生い立ち~幼少時代

  幼少期のエピソード、北極探検を志す(浄蓮寺写真等)

2、千島探検~探検経験を積む

  千島での経験(『千島探検記』、千島探検に関連した衣類等)

3、南極探検までの道のり

  北極から南極へ、探検資金の工面と南極探検後援会、開南丸(後援会資料等)

4、南極探検へ

  横浜港出港、シドニーへの滞留と再挑戦、大和雪原(探検遺品、写真等)

5、南極探検のその後~栄光とその陰に

  凱旋とその後の白瀬矗(講演活動の写真、映像等)

6、受け継がれる「しらせ」~現在も続く南極観測

  白瀬南極探検隊記念館、絵本、南極観測船「しらせ」とその活動(記念館写真等)

展示風景


白瀬日本南極探検隊100周年記念講座

「南極観測の歴史を学ぶ~白瀬矗から新しらせまで~」

日時: 6月26日(日)  13:30~15:30
対象: 一 般 150名
講師: 工藤 栄 氏 国立極地研究所准教授、第51次日本南極地域観測隊越冬隊長
井上 正鉄 氏 秋田大学教授
白瀬日本南極探検隊100周年記念プロジェクト実行委員長

「みてふれてきく南極教室~南極の氷や岩石」

日時: 7月24日(日)  13:30~15:00
対象: 小学生~一般 30名
講師: 小野 延雄 氏 国立極地研究所名誉教授

 各講座は事前申込みが必要です。電話・FAX・メール等でご連絡ください。


ページの先頭に戻る