?
秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum


ふるさとまつり広場


天神信仰

4月10日(火) ~ 5月31日(木)
 学問の神様として現在も信仰される天神様。その歴史と秋田県内で製作された天神人形について紹介します。
展示風景 

七夕絵どうろう

6月 1日(金) ~ 7月20日(金)
 七夕行事の歴史や秋田県内の七夕と、湯沢市での絵どうろうをかざる信仰について紹介します。

展示風景


ページの先頭に戻る

秋田の土人形

6月 1日(金) ~ 7月20日(金)
 土を型につめて素焼きしたもの、またそれに彩色をほどこしたものが土人形です。秋田を代表する土人形として、八橋人形、中山人形などがあげられます。
 秋田の土人形は、恵比寿、大黒、天神、ひな人形などの他、秋田の伝統行事などを取り入れたものも、昭和頃から多く作られるようになりました。職人の数は減りましたが、素朴なあたたかみのある土人形は、県内外を問わず、今でも多くの人々から愛されています。
展示風景   

ページの先頭に戻る

東北のこけし

10月31日(水) ~ 2013年1月31日(木)
 こけしは、一般的に球形の頭部と円柱の胴部からなるシンプルな木製玩具です。江戸時代末期頃から東北地方の温泉地で土産物として売られるようになり、東北地方固有の「伝統こけし」として受け継がれました。大正期のセルロイド玩具の登場により一時衰退しましたが、その素朴な美しさから蒐集家に集められるようになり、今日まで多くの作者の作品が伝えられています。名称が「こけし」と統一される前には、様々な呼び名で呼ばれていました。

展示風景


ページの先頭に戻る

雛人形

2月1日(金)~4月7日(日)
 雛まつりの歴史や民俗とともに、当館で所蔵する雛人形や雛道具をご紹介します。

展示風景



ページの先頭に戻る