?
秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  


       
 
       
   展示期間 平成26年4月26日(土)~6月15日(月)
   開館時間  午前9時30分~午後4時30分
   休館日  毎週月曜日 月曜日が祝日・休日の場合は次の平日
   観覧料金  無料
   主な展示資料・
  展示構成
あきたの染めと織り
 (着物、反物、きれ類、染色材料、道具類など約100点)
  鹿角紫根染・茜染
  亀田ぜんまい・白鳥織
  秋田八丈
  横手木綿

博物館教室「楽しいしぼり染め」作品展
 (浴衣類、反物 約120点)  
   関連イベント  藍の種プレゼント
  4月26日(土)、4月27日(日) それぞれ先着50名 (企画展示室入口)
ハンカチの藍染め体験
  5月17日(土)、5月18日(日) 13:00~15:00
  事前申込必要(電話 018-873-4121 でお申し込みください) それぞれ定員30名
  小学校4年生以下は保護者同伴 ハンカチ代実費(館内売店で取扱)
    広報ちらしダウンロード 
       
    鹿角紫根染・茜染

 落ち着きの中に華やかさを秘めた紫、茜色が特徴的な染め物で、染め液は植物のムラサキやアカネの根からつくります。 

写真:紫根染大桝絞絹襦袢
    茜染小枡絞着物
    亀田ぜんまい・白鳥織

 山菜のぜんまいの綿毛を織り込んだぜんまい織や、白鳥の羽毛を織り込んだ白鳥織は、防水や保温に効果がある織物といわれています。 

写真:白鳥織道中着
      秋田八丈

 茶から黄系統の色合いを主とした繊細な格子や縞の意匠が特徴的で、独特の鳶色にはハマナスの根の皮を、黄系統にはカリヤスの仲間やレンゲツツジを用います。

写真:秋田八丈着物
   
横手木綿

 横手縞や横手絣と呼ばれる縞織りや絣織りといった織物、型染めや横手絞と呼ばれる絞り染めの染生地などとして販売されていました。

写真:筒描松竹梅文様藍染きれ
    縞木綿生地見本
     
    博物館教室「楽しいしぼり染め」作品展

 当館では、伝統的な絞り染めの技術の保存・伝承や生涯学習の振興をめざして、毎年、絞り染め・藍染めに関する講座「楽しいしぼり染め」を開催しています。このたびの展示では、平成24年度から25年度にかけての活動の成果から受講者が製作した作品をご紹介します。 
       
     
       





ページの先頭に戻る