? 企画展 レピドプテラ チョウとガの自然史
秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  


       
   
   
   
   
   
       
   展示期間 平成26年7月5日(土)~8月24日(日)  
   開館時間  午前9時30分~午後4時30分  
   休館日  毎週月曜日 月曜日が祝日・休日の場合は次の平日
 8月4日、8月11日は臨時開館します  
   観覧料金  無料
   主な展示資料 チョウやガの標本約1,300種、約2,500点
   展示構成 分類と系統
  「チョウとガの違いとは何か」を手がかりに、鱗翅目の分類を紹介。89科約1,300種のチョウ・ガ標本を展示。
はねと鱗粉
  鱗粉の構造や、鱗粉が作り出す斑紋とその機能を紹介。構造色を持つ種、擬態種などの標本を展示。
秋田のチョウとガに何が起きているか
  地元のチョウとガにまつわる最新の話題を提供。絶滅危惧種や北上する種などを展示。
チョウとガを調べる
  採集や標本作製の方法や自然史関係の情報源を紹介。採集・標本作製用具などを展示。
   関連イベント

 
展示解説 (企画展示室)
 7月5日(土)、7月19日(土)、8月16日(土)
 いずれも、13:30~14:30
展示にちなむ解説 (学習室)
 7月26日(土)13:30~15:00  「秋田のレピ事情」
 8月23日(土)13:30~15:00  「なぜ分類が変わるのか」
夜の観察会:ライトトラップに集まるガを見よう! (博物館周辺)
 7月26日(土)19:00~21:00
 定員15名 事前申込必要 (参加者氏名、年齢、連絡先を、メールまたは電話で博物館へ)
 (定員に達したため募集は終了しました)
  広報チラシダウンロード
     
      
 世界最大と最小のガ(実物はもっと差があります)
                
  美しいガといえばこのニシキオオツバメガ         小さなガだってきれいなのがいます(虫眼鏡必要) 
 
     
もちろんいろんなチョウも
     
       



ページの先頭に戻る