? 特別展 菅江真澄、旅のまなざし
秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  


       
特別展 菅江真澄、旅のまなざし
      真澄クイズはこちら 
     菅江真澄が残した記録は,秋田を代表する文化的遺産です.本展では,重要文化財「菅江真澄遊覧記」89冊を全面的に公開しながら,真澄が記録の中に織りなした秋田の歴史と文化,人びとのくらしについて紹介します.  
       
   展示期間 平成26年9月20日(土)~11月9日(日)
   開館時間  午前9時30分~午後4時30分  (11月1日からは午後4時まで)
   休館日  毎週月曜日 月曜日が祝日・休日の場合は次の平日
   観覧料金  大人500円 高・大学生100円 中学生以下無料
 団体(20名以上)大人400円 高・大学生80円  障害者手帳の提示で本人と付添一名が半額
 
 展示構成と
 主な展示資料

1.菅江真澄の旅と著作
2.真澄の肖像 -うた人,くすし,旅人
 短冊や軸装の遺墨資料,弘前藩御国日記,金花香油効能書,書簡,
 アイヌ民族資料,ロシア関連資料
3.いにしへ憧憬 -遺物と歴史の記録
 三内丸山および亀ヶ岡遺跡出土土器,経甕,玉類,板碑,
 縁起に関わる遺墨資料と仏像
4.祈りの風景 -仏と神と
 小町像,三輪神社(羽後町)・秋田諏訪宮(六郷)等の什物,カシマサマ,オシラサマ,まじない歌
5.くらしのかたち -北国をつむぐ
 氷下漁関係資料,衣服の民俗資料
6.あきた遺産として
 墓碑拓本,柳田国男関連資料,紙芝居
 
 
 展示付帯事業

特別講演会 「五郎が語る 真澄!」 橋本五郎(読売新聞特別編集委員)
   10月18日(土)午後3時~4時 秋田県立博物館講堂 (定員200名)


講演会
 第1回「真澄が見た異形の神々」 大楽和正(新潟県立歴史博物館主任研究員)
   9月27日(土)午後2時~3時30分 秋田県立博物館講堂 (定員80名)
 第2回「真澄のまなざしを考える~あきた遺産の再評価~」
                               石井正己(東京学芸大学教授)
   10月11日(土) 午後2時~3時30分 秋田県立博物館講堂 (定員150名)
 ※菅江真澄研究会との共催
 第3回「真澄の国学性を考える」 松山修(当館学芸主事)
   11月1日(土) 午後2時~3時30分 秋田県立博物館講堂 (定員80名)


上演会 「語りつなぐ菅江真澄」
 真澄遊覧記に記された昔話の語りや紙芝居上演,男鹿のナマハゲの記録再現,猿倉人形芝居上演
   10月25日(土) 午後1時~3時30分 秋田県立博物館講堂 (定員180名)


展示解説会
 9月20日(土),10月4日(土),11月2日(日),11月3日(祝日),11月8日(土),11月9日(日) 
 午後2時~3時 企画展示室(要観覧券)


写真展 「真澄のいる風景」
 会期中2階ロビーで開催

※定員がありますので,特別講演会・講演会・上演会は事前申込みが必要です。
 電話・FAX・はがき・Eメールのいずれかでお申し込みください。
 FAX・はがき・Eメールで申し込まれる場合は、参加を希望する行事名・参加者氏名・住所・年齢・電話番号を明記してください。
 博物館の受付で直接お申し込みいただいても結構です。
 定員になり次第、募集を締め切ります。
 申込先 〒010-0124 秋田県秋田市金足鳰崎字後山52 秋田県立博物館
        電話 018-873-4121 FAX 018-873-4123
     
  広報ちらしダウンロード
       
 
 
    
   
    
   
    
   
    
   
 
   
     
       



ページの先頭に戻る