秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  



   展示期間 平成27年4月25日(土)~6月21日(日)
   開館時間 午前9時30分~午後4時30分
   休館日 毎週月曜日 月曜日が祝日・休日の場合は次の平日
   観覧料金 無料
   展示内容  1965年、秋田県東成瀬村上掵遺跡で考古学上の大きな発見がありました。世界最大クラスの磨製石斧が4本、見つかったのです。それらは縄文時代前期の集落の地下に、埋納されるかのごとく刃先を西にそろえて並べられていました。最大のもので長さ60cm、重さ4.4kgあります。
 こうした30cmをこえる大型石斧は一万年におよぶ縄文時代を通して作られましたが、現在の所、とくに北東北~北海道に分布する傾向にあることがわかっています。
 本展示では、日本でも最大級の縄文時代の石斧を厳選し、その魅力に迫ります。また、なぜ北日本で巨大な石斧が作られ続けたのかについて考えます。

広報ちらしダウンロード 

   主な展示資料


インド・マドラス採集のハンドアックス
長さ約20cm。前期旧石器時代
明治大学博物館蔵


秋田県鴨子台遺跡出土の石斧
長さ18cm。
秋田県埋蔵文化財センター蔵


青森県近野遺跡出土の石斧
長さ約5cm。縄文時代前期
青森県埋蔵文化財調査センター蔵


岩手県川目C遺跡出土の斧状土製品
長さ15cm。縄文時代中期
盛岡市教育委員会蔵


パプア・ニューギニアの石斧(参考資料)
長さ約30cm。
南山大学人類学博物館蔵

   関連イベント  ■ロビー展示「上掵遺跡の最新成果速報展」
5月2日(土)~6月7日

 現在開催中の企画展「石斧のある世界」付帯事業として、本企画展の目玉となる重要文化財・大型磨製石斧の出土地である東成瀬村上掵(うわはば)遺跡の近年の発掘調査結果を展示します。
 これまで知られていなかった遺跡の性格や調査から見えてきた県北部や北海道との交易・交流等について紹介します。
 大きな石斧を持った縄文世界の広がりをぜひご堪能ください。



■体験イベント「ミニチュア石斧をつくろう」
5月3日(日) 10:00~12:00
定員20名(先着順)、電話での事前申込み要
イベントちらしダウンロード

■文化と自然の探訪+体験発掘ツアー
「巨大石斧の出土地を訪ねるin東成瀬村」
5月30日(土) 8:30~17:00
参加費4,000円程度(保険料込み)
定員40名(先着順)・事前申込み要
主な内容:当館企画展見学・上掵遺跡の見学と体験発掘、新緑散策等を予定
イベントちらしダウンロード

■考古学レクチャー
「世界最大の石斧のなぞに迫る」
6月7日(日) 13:30~15:00
講師 吉川耕太郎(当館学芸主事)
会場 当館学習室
参加費無料
定員30名(先着順)・事前申込み要

■ギャラリートーク
4月25日(土)、5月6日(水)・24日(日)・6月14日(日)・21日(日)
14:00~15:00 事前申込み不要





ページの先頭に戻る