秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  


       
 
       
   展示期間 平成27年7月25日(土)~8月23日(日)
   開館時間  午前9時30分~午後4時30分
   休館日  毎週月曜日 月曜日が祝日・休日の場合は次の平日
   観覧料金  無料
   展示内容  昭和30~40年代、国策として推し進められた「高度経済成長政策」により、循環型農業社会の秋田県民の暮らしがどのように変化したのか?という視点をもとに、人々のまわりにあふれるように出た昭和の生活雑貨品を中心に展示を行います。

 30歳代以上の人には「近くて遠い時代の昭和」、20歳代以下の人にとっては「知らないけど懐かしい昭和」。忘れてはいけない昭和の記憶を、展示品に即した25問の問題で試させて戴きます。さて皆様は難問、答えることができるでしょうか?

広報ちらしダウンロード

   展示構成 (1)時代を超えて~ホーロー看板の小径
(2)懐かし農村の日常
(3)暮らしの変化
(4)花あふれる生活
(5)模型少年の日々
(6)人形遊びの午後
(7)男泣き家電ランドDX
(8)THE 応接室

   展示資料
ホーロー看板 昭和30年代の花嫁衣装・農具
少年たちのあこがれ ホンダS600(2台) 昭和40年代に登場する食器棚の中で
咲いた花柄の食器・生活雑貨
圧倒的品揃えとなるありし日の模型店 リカちゃん、バービーの空間、女の子の部屋
 
夢中になったTVゲーム、ラジカセ、カメラ  

   関連イベント ・油谷コレクション「昭和史展」と連携開催
・展示品クイズ「博物館の挑戦状」

     
       
   
   
     
   
     
   
       
     
       





ページの先頭に戻る