秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  



   展示期間 平成27年9月12日(土)~10月25日(日)
   開館時間 午前9時30分~午後4時30分
   休館日 毎週月曜日 月曜日が休日の場合は次の平日
   観覧料金 一般1,000円(800円)/高校生500円(400円)/小中学生300円(240円)
※( )内は20人以上の団体
   展示内容   徳川将軍家を中心として幕府と各藩で全国の統治を行った江戸時代は、戦争のほとんどない「平和」の時代であり、歴史上特異な時代です。 その260余年は、現在まで続くその後の歴史と日本文化に大きな影響を与えたことは言うまでもありません。 東北においても、関ヶ原合戦前後における武家各氏の動きとその後の徳川家康による領知割りによって、「平和」の時代の到来とともに、新たな秩序がもたらされました。また、その時代が終焉を迎える戊辰戦争での東北諸藩の動きは、徳川将軍家と東北が浅からぬ関係にあったことを物語っています。

 徳川の“泰平の世”はいかにして築かれ、繁栄したのか。

 今まさにその世を築いた徳川家康の没後400年。 江戸という泰平の時代を東北との関係を中心に振り返りたいと思います。 そして、東日本大震災からの復興途中にあるここ東北に、次なる“泰平の世”が到来することを祈念して止みません。

   関連イベント ■記念講演会
●9月12日(土) 午後1時30分~午後3時 当館1F講堂
「徳川の『平和』と東北」
德川恒孝氏(德川記念財団理事長・德川宗家18代当主)
(聴講無料・要申込)

■特別講座
●9月27日(日) 当館1F講堂 午後1時30分開始予定(講師の都合により遅れる場合があります)
「東北が拓く江戸の未来」
德川家広氏(德川記念財団理事・長崎大学客員教授)
(聴講無料・要申込)

■歴史学習会
●10月18日(日) 午後1時30分~午後3時 当館1F学習室
「佐竹氏秋田転封は左遷だったか」
新堀道生(当館学芸主事)
(参加無料)

■展示解説会
毎週日曜日(9月27日、10月18日を除く) 午後1時30分~
企画展示室(観覧券が必要)
展示担当者

■「いざ!記念撮影!~甲冑を着て武士気分~」
 当館に収蔵されている、江戸時代の甲冑を実際に着用し、記念撮影ができます。
 鎧と兜、更に背景には徳川家の家紋の入った陣幕、脇にはかがり火という舞台装置も充実。武士の気分を盛り上げてくれます。
 武士が身につける鎧と兜の重さ、着心地などを実際体感しながら、江戸時代について理解を深めてもらうのが目的です。
 子供から大人まで楽しんでいただけます。特別展ならではの、活気と知的興奮にあふれる博物館のイベントです。

実施日:9月12日(土)、13日(日)、19日(土)、21日(月)、22日(火)、23日(水)、26日(土)
    10月3日(土)、10日(土)、12日(月)、18日(日)、24日(土)、25日(日)(計13回)
時 間:午前10:00~11:00、
場 所:わくわくたんけん室

   チラシ
オモテ ウラ
     





ページの先頭に戻る