秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  


       
    広報ちらしダウンロード 解説資料ダウンロード(15.8MB)
       
    アオバハゴロモ分布情報を集めています(pdf)   秋田のチョウ総選挙開票速報
       
   展示期間 平成28年7月16日(土)~8月28日(日)
   開館時間  午前9時30分 ~ 午後4時30分
   休館日  毎週月曜日 月曜日が祝日の場合は次の平日(8月15日(月)は臨時開館)
   観覧料金  無料
   展示内容  秋田にはいったい何種の昆虫がいるのでしょうか? これまでに知られているのは約5,000種ですが、ほかの県では約10,000種という例もあるので、秋田の場合はまだ半分くらいしかわかっていないのかもしれません。

 「秋田県で初めて発見!」という昆虫が毎年次々と出てきます。その一方では、かつて見られた種が激減、あるいは絶滅するなど、残念な変化も進行中です。

 この展示では、約1,200種3,000点の標本をはじめとして、昨年秋田県で初めて発見されたチョウや名前がついたばかりの新種などの最新情報も紹介します。

 まだ新発見の可能性がたくさんあるからこそ面白い、秋田の昆虫のディープな世界を楽しんでいただければ幸いです。

   展示構成
秋田の昆虫実物図鑑
昆虫標本約1200種を展示
秋田の昆虫名所めぐり
県内で特徴的な昆虫が採集できるポイントを紹介
秋田の昆虫のいま
人間の活動や地球温暖化などの影響について紹介
秋田の昆虫をしらべよう
県内で発見された新種や昆虫の調べ方などを紹介
昆虫クイズ 

   関連イベント 展示解説
7月16日(土)、7月31日(日)、8月13日(土)
13:30 ~ 14:20 事前申込み不要

秋田のチョウ総選挙
 「県の花」や「県の鳥」などはありますが、「県のチョウ」を定めている例はあまりありません(埼玉県はミドリシジミを「県のチョウ」としています)。そこで「秋田県のチョウ」を決めるとしたらどのチョウがふさわしいか、みなさんの投票で候補をあげる「総選挙」を企画しました。

展示をご覧になって、どのチョウがふさわしいか、ぜひ投票をしてください。
(投票箱は、展示室内に設置しています)

毎週、投票結果を集計して掲載します。
     
   
       
     
       





ページの先頭に戻る