秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  



   展示期間 平成29年12月2日(土)~平成30年4月8日(日)
   開館時間 9:30 ~ 16:00(4月1日からは16:30)
   休館日 毎週月曜日、年末年始(12月28日~1月3日)
   観覧料金 無料
   展示内容 編組品は、竹や草、樹皮、つるなどの植物を編んで形作られたもののことです。農具や運搬具、台所用品など、かつては、暮らしに欠かせない大切な道具でした。

現在では、プラスチックなどの様々な代替品が手軽に入手できるようになり、編組品はあまり見かけなくなりました。

しかし、素材採集の方法や編み方の技術は後世へと受け継がれており、古くは縄文時代まで遡ることができます。編組品には昔の暮らしや文化、知恵がつまっています。

本展示では、失われつつある編組品の価値を再確認し、そして風土に育まれた手仕事の技と美の魅力に迫ります。

チラシ(PDF) 

   展示構成 第1章 植物から生まれる編組品
地元に自生した植物を利用して、その素材に見合った方法で自分たちで手作りし、農業や漁業、台所用品など様々な暮らしの道具として活用していたことをパネルや資料を使って紹介します。
【主な展示品】
秋田県内生産のこだし・かご、写真パネル

第2章 あきたの編組品
秋田県史に記載された昭和30年代における集団的産地を中心に、秋田県内で生産された編組品について地域別に紹介します。
【主な展示品】
竹細工     鹿角市草木、秋田市浦山、六郷、岩城町亀田
あけびづる細工 仙南村野際、鳥海町猿倉、鹿角市花輪
イタヤ細工   角館町雲然
マタタビ    象潟、東成瀬村

第3章 素材となる植物 形づくる技術
編組品の素材として使われる植物について、素材としての最適な年齢や時期、採集方法、地域の植生などを写真パネルや植物標本、資料によって紹介します。
またそれらを利用した編組技術について、編み見本やパネルを使っての解説します。
【主な展示物】
ブナの木、スズタケ、ネマガリダケ、ヤダケ、マダケ、孟宗竹ツバアケビ、コクワ、マタタビ、イタヤカエデなど

第4章 編組品からみた地域の特徴
県外の編組品について、その素材と技術の違いを中心に解説します。また、各地域の植生による植物利用の違いと、それに見合った技術選択の相関関係について、先行研究のある米揚げ笊をもとに、パネルと実物資料で比較します。
【主な展示物】
各地域の米揚げ笊、岩手県鳥越のスズダケ細工、長野県戸隠の竹細工、新潟県佐渡の竹細工、大分県別府の竹細工、青森県のあけびづる細工と竹細工、宮城県岩出山の竹細工

第5章 つながる手仕事
縄文時代まで遡ることができる編組品について、最新の考古学的成果のある東名遺跡から秋田県内における編組品の痕跡などパネルや資料を使って紹介します。
また、中近世の人々の暮らしにおける編組品を、絵画資料を通して説明します。
さらに現代における編組品について、室内装飾や現代アートといった新たな潮流を取り上げます。
【主な展示物】
職人の部屋(ジオラマ)、東名遺跡出土品パネル、戸平川遺跡出土品、編組品現代アート


   関連イベント ■講演 
「縄文時代から続く植物利用 ー暮らしの中の編組ー」
12月16日(土) 10:00~11:30
講師:佐々木由香氏(明治大学黒曜石研究センター/パレオ・ラボ)
会場:当館講堂
定員:100名(事前申し込み必要) 受付中
参加費無料

「編組品にみる暮らしの造形」
3月10日(土)  10:30~12:00
講師:工藤員功氏(柏市文化財保護委員/元武蔵野美術大学民俗資料室専門員)
会場:当館講堂
定員:100名(事前申し込み要) 受付中
参加費無料

■ワークショップ 
「古に学ぶ ー縄文時代の編組技術ー」
12月16日(土) 12:30~15:30
講師:本間一恵氏(バスケタリー作家)
会場:当館実験教室
定員:15名(事前申し込み必要) 受付終了
参加費無料

「金足浦山の竹細工から学ぶ」
1月21日(日) 10:00~15:30
講師:浦山竹葉会
会場:当館学習室
定員:8名(事前申し込み必要) 受付終了
参加費無料


■講義&ワークショップ 
「ヤマブドウのつるで編む」
2月11日(日) 10:00~15:30
講師:斉藤洋子(当館学芸主事)
会場:当館学習室
定員:15名(事前申し込み必要) 受付終了
参加費無料

「オニグルミの樹皮で編む」
2月25日(日) 10:00~15:30
講師:斉藤洋子(当館学芸主事)
会場:当館学習室
定員:15名(事前申し込み必要) 受付終了
参加費無料

■喫茶DE対談 
「編組品から読み解く知恵と文化」
3月18日(日) 10:00~11:30
話者:中川原信一氏(あけびづる細工職人)×伊藤征一郎氏(カゴアミドリ)
進行:斉藤洋子(当館学芸主事)
会場:喫茶こまち
定員:30名(事前申し込み必要) 受付中
参加費:300円(コーヒーデザート付き)

■実演 
「伝統の技と美~中川原信一氏による あけびづる細工~」  
3月18日(日) 12:30~15:30

■ギャラリートーク 
12月2日(土)、12月10日(日)、1月14日(日)、1月27日(土)、2月3日(土)、2月17日(土)、3月4日(日)、3月24日(土)
時間:14:00~15:00
会場:企画展示室
事前申し込み不要

※申し込みが必要なものは、電話、FAX、ハガキ、メールでお申し込みいただくか、当館受付にて直接お申し込みください。






ページの先頭に戻る