秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  






秋田の先覚記念室


平成29年度秋田の先覚記念室 企画コーナー展

後藤宙外と書簡 -「文壇との交流」と「生涯」-


平成29年9月23日(日) ~ 11月26日(日)

 大仙市出身の後藤宙外は、払田柵跡の発見者として先覚記念室で紹介していますが、明治の中央文壇で小説家や評論家として活躍し、日本を代表する文豪との交流が伺える書簡が数多く見られます。

 明治元年より150年を迎えた今年、小説家や編集者、考古研究者など、多彩な顔をもつ宙外の生涯について、書簡を通して紹介します。

 また、払田柵跡は、現在も県や大仙市を中心に発掘調査が行われていることから、遺跡に関連した木簡や土器片も同時に展示します。


 展示資料
 ・後藤宙外書簡《ありのすさび原稿、闇のうつつ原稿、明治文壇回顧録》
 ・払田柵址略図(美郷町教育委員会)
 ・払田柵跡出土品(払田柵跡調査事務所)
 ・肖像写真(泉鏡花記念館・早稲田大学演劇博物館・日本近代文学館)

   
 



 
 

ページの先頭に戻る