秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  



重要文化財真澄遊覧記の公開
 
  展示期間 令和2年4月25日(土)~6月21日(日)
 ※ 5月12日(火)より開催しております。
  開館時間 午前9時30分~午後4時30分
  休館日 毎週月曜日 月曜日が休日の場合は次の平日 (5月7日は休館)
  展示概要 明徳館献納本「菅江真澄遊覧記」全89冊は、その来歴の確かさから国の重要文化財に指定されています。最大の魅力である彩色画について、期間を4期にわけて全356図を御覧いただきます。

  企画展 重要文化財「菅江真澄遊覧記」の公開 チラシ表  企画展 重要文化財「菅江真澄遊覧記」の公開 チラシ裏
チラシ表 チラシ裏
  総資料点数
(概数)
89点
  主な展示
資料
重要文化財「菅江真澄遊覧記」89冊

 
  主な展示
資料
重要文化財「菅江真澄遊覧記」89冊
  みどころ・
魅力
重要文化財「菅江真澄遊覧記」89冊の最大の魅力は、彩色された絵にあります。展示期間を4期に分けて、全356図を展示します。開帖部分は事前に告知しますので、お目当ての絵の本物を見ていただけます。
  展示構成と
資料
序章 菅江真澄とは
 ・真澄の生没年、旅の全体像、記録の価値をパネルで紹介します。
第1章 真澄の記録と重要文化財
 ・記録の全体像を紹介した上で、重要文化財の位置づけを紹介します。
第2章 旅の見聞を記録する・・・日記39冊
 ・日記を、信濃、陸奥、蝦夷地、下北、津軽、秋田享和年間、秋田文化年間、男鹿五風、文化8・
  9年、図絵的日記に分けて、それらの足跡図を示します。
第3章 名どころを描く・・・勝地臨毫12帖
 ・描画の地点を示します。
第4章 地域を調べる・・・地誌38冊
 ・平鹿郡と仙北郡の地域図を示します。
第5章 25年目の菅江真澄資料センター
 ・資料センターの活動を、展示活動・教育普及活動・広報出版活動・資料保存活動の4点から紹介
  します。また、重要文化財を見られるDVDを移設します。
展示解説資料 図絵開帖一覧
氷魚の村君 連理のイチョウ(能代市二ツ井町)
椿の浦(八森町八森椿) 買い物帰りの人(秋田市・通町)

  関連事業 重要文化財「菅江真澄遊覧記」の公開 関連イベント
関連イベントはこちら

①真澄に学ぶ教室 講話会「真澄を追った旅の思い出」 中止いたします

 日時:令和2年5月24日(日)14:00~15:30
 会場:当館1階 講堂
 講師:柄澤照文(ペン画家、愛知県岡崎市在住)、永井登志樹(文筆業)
 聞き手:角崎大(当館学芸職員)
 定員:80名 申込み必要

②真澄に学ぶ教室 講演会「菅江真澄遊覧記、その価値と魅力」 中止いたします
 日時:令和2年6月7日(日)14:00~15:30
 会場:当館1階 講堂
 講師:石井正己(東京学芸大学教授)
 定員:80名 申込み必要

講演会 菅江真澄遊覧記、その価値と魅力
 講演会のチラシはこちら

③真澄に学ぶ教室 講話会「真澄展覧会、18の視点を聞く」 中止いたします
 日時:令和2年5月2日(土)、5月16日(土)、6月13日(土)14:00~15:30
 3回連続
 会場:当館1階 学習室
 講師:松山修(当館学芸職員)
 定員:40名 申込み必要

④ビデオ上映会「菅江真澄の旅」(2002年紀伊國屋書店制作) 中止いたします
 日時:令和2年5月8日(金)、5月22日(金)、6月12日(金)
 午前/10:00~12:30 真澄の生涯、青森・津軽編、岩手編 各編約45分
 午後/13:30~16:00 北海道編、青森・下北編、秋田編  各編約45分
 会場:当館1階 スタディルーム ※菅江真澄資料センター隣り
 定員:30名、定員内出入り自由、申込み不要、観覧無料

⑤展示解説会 中止いたします
 日時:令和2年5月9日(土)、5月30日(土)、6月20日(土)10:00~10:50
 解説:角崎大(当館学芸職員)
 定員なし、申込み不要、参加無料


〒010-0124 秋田県秋田市金足鳰崎字後山52
 電話 018-873-4121
 FAX 018-873-4123
 Eメール info@akihaku.jp






ページの先頭に戻る