秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  






秋田の先覚記念室


令和2年度秋田の先覚記念室 企画コーナー展

農民文学の作家 伊藤永之介


令和2年9月26日(土)~令和2年11月29日(日)

チラシ
チラシ

 秋田の農村部をモデルに、農村とそこに生きる人々の姿を書き続けた作家・伊藤永之介。その生涯と作品をたどるとともに、創作と郷里・秋田との深いつながりを、自筆資料をはじめとする様々な資料を通じて紹介します。
 自筆資料は、原稿のほか、作品執筆に関わる書簡や取材手帖などがあり、永之介の創作姿勢が窺えるものとなっています。
 
・総資料点数(概数) 約 60 点

・展示構成
 1 生い立ち
 2 上京-作家生活のはじまり
 3 昭和の大凶作から農民文学へ-「鳥類もの」
 4 戦時中-横手でのくらし
 5 戦後の伊藤永之介
 6 人気作「警察日記」
 7 晩年の伊藤永之介

・主な展示資料…著書、雑誌、原稿、書簡、手帖、遺品ほか

【秋田の先覚記念室講演会】 ▶詳細ページへ
  演題:「伊藤永之介と八郎潟」
  講師:秋田県立大学 総合科学教育センター教授 高橋秀晴 氏
  日時:11月1日(日)14:00~15:30
  場所:本館1階 講堂
  定員:60名 参加無料 要申込み ▶申込み方法 ※9月1日(火)より受付開始。受付中!

・展示解説資料…先覚記念室で来館者のみなさんへ配布いたします。


伊藤永之介 取材メモ
伊藤永之介  取材メモ 
鳥類3作 警察日記
 永之介著作 鳥類3作  永之介著作 警察日記



 
 

ページの先頭に戻る