秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  



企画展 外来生物 運ばれる生き物たち
  展示期間 令和3年12月4日(土)~令和4年4月3日(日)
  開館時間 午前9時30分~午後4時00分
※4月1日(金)以降は午後4時30分まで開館
  休館日 毎週月曜日(ただし休日と重なったときはその次の平日)
  観覧料金 無料
  総資料点数
(概数)
約240件
  主な
展示資料
・コジュケイ剥製、マングース剥製、ヌートリア剥製、マダラヒメグモ(岩手県立博物館蔵)
・ソウギョ剥製、ニホンイタチ剥製(大潟村干拓博物館蔵)
・ツマアカスズメバチ、セアカゴケグモ、ハイイロゴケグモ(東北地方環境事務所)
・フェモラータオオモモブトハムシ、マツヘリカメムシ、シタベニハゴロモ、
 タイワンタケクマバチ、クビアカツヤカミキリ(各乾燥標本:個人蔵)
・クニマス関連資料(個人蔵)
・炭、木酢液 他(秋田県立大学蔵)
・ハクビシン剥製、アライグマ剥製、ヒアリ等外来アリ乾燥標本(館蔵)
  展示概要  外来生物とはいったい何なのか。どのように運ばれ、どのような影響をもたらすかを紹介します。秋田県で確認されている外来生物の事例と今後懸念される外来生物を紹介します。
  企画展 外来生物 チラシオおもて 企画展 外来生物 チラシうら 
 チラシ表  チラシ裏
  展示構成 1章 島国日本と外来生物
 外来生物の定義、日常風景に馴染んだ外来生物、国内外来種を示し、外来生物とは何か、
 外来生物と判断することの難しさについて紹介します。

2章 障壁を越える
 人間活動が外来生物の移動にどのように関与するのか紹介します。
 ・非意図的導入
 ・意図的導入

3章 秋田の外来生物
 ・秋田県で確認されている外来生物を紹介します。
 ・今後秋田県で懸念される外来生物を紹介します。

4章 生物多様性を守る
 ・日本由来の外来生物を紹介します。
 ・秋田県内で行われている外来種問題の取り組みを紹介します。

  関連事業
 
・新型コロナウイルスの感染状況によっては、中止や延期となる場合もございます。
 ご了承ください。
・ご来館の際は、マスクの着用、検温、手指消毒、連絡先のご記入等をお願いします。

講演会
日時:令和4年3月13日(日) 14:00~15:30
(仮題)「外来生物を考える -秋田県の今、在来魚に何が起きているのか-」
講師:杉山秀樹氏 (NPO法人 秋田水生生物保全協会理事長)
会場:1F 講堂
定員:50名 (事前申込が必要です)
申込:電話かメールにてお申し込みください
    電話 018-873-4121
    Eメール info@akihaku.jp


マツノザイセンチュウの観察
日時:①令和4年2月 5日(土) 10:30~11:30 (受付開始 10:00)
   ②令和4年2月 5日(土) 14:00~15:00 (受付開始 13:30)
   ③令和4年2月19日(土) 10:30~11:30 (受付開始 10:00)
   ④令和4年2月19日(土) 14:00~15:00 (受付開始 13:30)
    ※ 計4回の実施となりますが、内容は全て同じです。
      いずれか1回のみの参加となります。
講師:当館学芸職員
会場:1F 学習室
定員:各回4名 (事前申込が必要です)
申込:電話にてお申し込みください
    電話 018-873-4121


〒010-0124 秋田県秋田市金足鳰崎字後山52
 電話 018-873-4121
 FAX 018-873-4123
 Eメール info@akihaku.jp
 





ページの先頭に戻る