秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  



菅江真澄資料センター 企画コーナー展



真澄の記録に見る雨乞習俗


第1期:令和3年10月16日(土)~12月5日(日)

 江戸時代、農業に携わる人々にとっての最大の関心は、作物の出来を左右する天候にありました。特に雨、しかも農作業に必要なタイミングで雨が降るかどうかは、まさに死活問題でした。そのため、人々は雨が降らない時には、降雨を願う「雨乞」を行いました。真澄は各地で行われた多種多様な雨乞習俗について記録しています。
 本展では、真澄が記録していた雨乞習俗に焦点を当てて紹介します。雨乞習俗というフィルターを通して、当時の人々の生活や思いについて考える機会になれば幸いです。
展示風景 展示風景
展示風景 展示風景
 



ページの先頭に戻る