秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  






秋田の先覚記念室


令和3年度秋田の先覚記念室 企画コーナー展

近江谷栄次と小牧近江 父子の軌跡


令和3年9月25日(土)~令和3年11月28日(日)

チラシ
チラシ

 八郎潟町出身の近江谷栄次は、土崎港町の豪商の養子となり、近代化が進む時代の中で、地域の産業振興のために尽くした人物です。
 その子息、小牧近江は、若い頃から海外で学び、わが国のプロレタリア文学の先駆けとなる雑誌『種蒔く人』を仲間とともに創刊しました。
 『種蒔く人』が土崎で創刊されて100年となる今年、異なる分野で功績を残した父と子の歩みを、解説と展示で紹介します。
 
・総資料点数(概数) 約 50 点

・展示構成
 父-近江谷栄次
  1 生い立ち
  2 近江谷栄次の事績
  3 栄次と井堂

 子-小牧近江
  1 生い立ち
  2 パリ留学
  3 『種蒔く人』
  4 文学と外交と
  5 戦後の小牧近江

・主な展示資料
  栄次胸像、小牧卒業簿(秋田市立土崎小学校所蔵)
  緊要書類(秋田銀行所蔵)
  栄次告辞、開園時写真(土崎幼稚園所蔵)
  小牧著作(秋田県立図書館所蔵)
  栄次・小牧書簡、小牧遺品(あきた文学資料館所蔵)


【秋田の先覚記念室講演会】 ▶詳細ページへ
  演題:「『種蒔く人』創刊100周年記念 父・近江谷栄次 子・小牧近江」
  講師:秋田県生涯学習センターシニアコーディネーター/文学博士 北条常久 氏
  日時:10月31日(日)14:00~15:30
  場所:本館1階 講堂
  定員:60名 参加無料 要申込み 終了しました ▶チラシはこちら

・展示解説資料…先覚記念室で来館者のみなさんへ配布いたします。


井堂短冊 営業用土地建物図面
井堂短冊  営業用土地建物図面 
   
種蒔く人 復刻版 ジャコバン帽子 複製
『種蒔く人』(復刻版)  小牧が還暦記念にあつらえた
ジャコバンの帽子(複製)



 
 

ページの先頭に戻る