秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  



令和3年度の博物館教室など一覧


予定が変更になる場合がありますので、お申し込み前に今一度ご確認をお願いいたします

名誉館長館話一覧へ申し込み方法へ
 
教室名 開催日時・場所 対象・人数 内容 募集状況
S-01 化石と地層の観察会
(2回連続)

チラシ(表面) と チラシ(裏面)
①5/23(日) 観察・採集
男鹿市五里合安田海岸
②5/30(日)  学習会 実験教室
※2回連続受講できる方
いずれも9:30~12:00
小学生~一般15名
(小学生以下は保護者同伴のこと)
安田海岸で観察会を行います。地層の観察と化石の採集から標本づくりまでを通して、大地の生い立ちとその調べ方を学びます。講師・渡部晟氏
①観察・採集の講座では保険料一人150円。
▶チラシ(表面)      ▶チラシ(裏面)
受付中
S-02 昆虫教室 -採集と標本づくり-
(2回連続)
①7/11(日) 小泉潟公園
②8/8(日)  実験教室
※2回連続受講できる方
いずれも10:00~15:00
小学校3年生以上15名(小学3年未満の児童がついてくる場合は、必ず保護者同伴のこと)
定員数には、同伴される保護者の方の人数も含みます。
小泉潟公園で昆虫を採集し、標本を作製します。8月には、採集した標本の種類調べ、簡単な標本箱の作成を行います。
7月は保険料一人150円。
5/11(火)
受付開始
S-03 山野の危険な生物 7/25(日)
10:00~12:00
実験教室・小泉潟公園
一般8名
小さなお子様を野外へ引率する場合を想定し、山野で遭遇する可能性のある危険な生物について学習します。博物館周辺で簡単なフィールドワークも行います。 5/25(火)
受付開始
S-04 くん製教室 初級編 9/19(日)
10:00~14:00
実験教室
一般10名 スーパーやコンビニで簡単に手に入る食材をくん製にします。
食材は各自が購入します。
7/20(火)
受付開始
S-05 貝の標本づくり ①9/26(日) 船越海岸
②10/3(日)  実験教室
いずれも10:00~12:00
小学生10名(小学生以下は保護者同伴のこと)
9/26(日)は船越海岸で貝(貝殻)を採集します。10種類程度の貝を拾います。海岸線は危険が伴いますので、小学生以下の方は保護者同伴での参加となります。(資料採集のみの参加でも可
10/3(日)は前週で採集した貝を使い、標本づくりを行います。(標本づくりのみの参加は不可
保険料一人150円。
7/27(火)
受付開始
J-01 「真澄に学ぶ教室」講読会
-県外の日記を読む-
の①(土曜午後コース)、②(日曜午前コース)のいずれかを選択して下さい。
①5/22、6/26、7/24、9/25、10/23、11/27(いずれも第4土曜日)
13:00~14:45
学習室
②5/23、6/27、7/25、9/26、10/24、11/28(いずれも第4日曜日)
10:00~11:45

学習室
一般各25名 秋田県外に関する日記を年代順に取り上げ、日記の概要や主な内容を見ながら、名場面の原文(活字)を読んでいきます。

▶チラシはこちら
受付中
J-02 初級者向け 秋田の歴史教室(戦国・桃山編) (2回連続) 7/18(日)、8/8(日)
※2回連続受講できる方
13:30~15:00
学習室
高校生以上20名(一般の方も可)
戦国・桃山時代を中心に、秋田の歴史を学習します。1回目で資料をじっくりと解読し、その内容に基づいた講義を2回目に行います。初級者向けの講座となります。 5/18(火)
受付開始
J-03 土器作り教室
(2回連続)
①9/26(日) 成形 実験教室
②10/24(日) 焼成作業 屋外
※2回連続受講できる方
いずれも10:00~15:00
小学生~一般8組
(小学生は保護者同伴)
縄文土器の実物を観察しながら土器の作り方を学びます。1日目は陶芸用粘土を使って成形し、文様をつけます。2日目は野焼きで焼き上げます。
粘土代200円、野外作業は保険料一人150円。
7/27(火)
受付開始
J-04 三浦館・旧奈良家住宅の見学会 9/30(木)
10:00~15:00
三浦館・分館
一般10名 金足地区の豪農三浦館と旧奈良家を見学し、建築の特徴や建物の歴史に触れます。
三浦館への協力金として一人700円が必要です。
7/30(金)
受付開始
J-05 地域回想法 10/9(土)、11/14(日)
※1回だけの参加も可
いずれも13:30~15:00
学習室
一般各20名 60年ほど前に使われていた民具を用いて、懐かしい思い出を語り合うことによって蘇る豊かな感情をこれからの生活につなげていきます。講師は、浅野朝秋氏(秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻 准教授)です。 8/11(水)
受付開始
J-06 旧奈良家住宅で昔語り 10/16(土)
13:30~15:00
旧奈良家住宅
一般20名 旧奈良家住宅で秋田の昔話を聞いたり、昔の遊びや歌を楽しんだりします。
講師:秋田民話の会のみなさん
8/17(火)
受付開始
J-07 土製アクセサリー作り
(2回連続)
11/6(土)、11/13(土)
※2回連続受講できる方
10:00~12:00
実験教室
一般6名 オーブン陶土を使って土製アクセサリーを作ります。人文展示室の考古資料を参考にデザインを考えていただきます。1回目に成形(焼成は職員が行います)、2回目に仕上げとパーツ接着します。陶土代300円(※金属パーツ等は各自で準備していただきます) 9/7(火)
受付開始
J-08 初めての古文書解読
(6回連続)
2/6、2/13、2/20、2/27、3/6、3/13
(各日曜日)
※6回連続受講できる方
13:30~15:30
学習室
一般25名 近世くずし字の解読法を学習します。オリジナル・テキストを使用し、毎回例題を出し次回に答え合わせをします。 12/7(火)
受付開始
J-09 秋田の先覚者 2/12(土)
13:30~15:00
学習室
一般15名 秋田の先覚者について、あまり知られていない人物をピックアップしてご紹介します。 12/14(火)
受付開始
J-10
民俗学入門講座 3/5(土)、3/12(土)
13:30~15:00
学習室
一般20名 秋田の民俗について、いくつかの事例を紹介します。 1/5(水)
受付開始
  
G-01 初めての藍の絞り染め
(4回連続)
5/22(土)10:00~12:00
6/9(水)~6/11(金)のうち1日
10:00~16:00
7/10(土)10:00~15:00
7/28(水)、7/29(木)、8/4(水)のうち1日
10:00~16:00
実験教室・ガレージ・ガレージ前庭
(5/22講堂、他実験教室)
一般20名 秋田県で行われた伝統的な絞り染めの技術を学びます。絞り方により3つのコース(A:鹿の子・帽子絞り B:立涌絞り C:三浦絞り)に分かれ、木綿の浴衣地一反分を計画的に絞りあげて、藍で染めます。

※受講者負担染料関係等材料費   一人1,200円
▶チラシはこちら
受付中
G-02 糸をつむぐ
(4回連続)
6/5(土)10:00~12:00
7/8(木)10:00~12:00
11/18(木)10:00~15:00
12/11(土)10:00~15:00
実験教室・県立大学
一般10名 綿から布ができるまでを学びます。
①6月:自宅で育てる綿の苗をお渡しします。講義で綿の栽培方法や綿と生活の関わりを学びます。
②7月:県立大学で綿の栽培法について学びます。
③11月:採集した綿を使って江戸時代の製法で糸を作ります。
④12月:紡いだ糸を染め、10㎝×10㎝ほどの布を織ります。
受付終了
G-03 木工芸 木のオブジェづくり
ランドスケープスカルプチャー
7/4(日)
10:00~15:00
実験教室
小学校高学年以上10名 木のオブジェでデスクトップ用のランドスケープスカルプチャー(風景彫刻)に挑戦します。
材料費等一人700円。
5/7(金)
受付開始
G-04 夏休み企画!キッズ限定
樹皮を編んで小物入れを作ろう
7/27(火)
10:00~12:00
実験教室
小学生8名
(同伴の保護者は1名まで)
小学生向けの教室です。(小学校4年生以下は保護者同伴でお願いします。)
クルミの皮を使って小物入れを作ります。手仕事の楽しさと天然素材のぬくもりを味わってください。
5/27(木)
受付開始
G-05 植物を編む 11/5(金)
10:00~15:00
実験教室
一般8名 大人の方向けの教室です。
秋田県内の編組品について講義の後、植物を使って小物入れを作ります。
9/7(火)
受付開始
G-06 ゼロからはじめるワラ仕事
(3回連続)
11/17(水)、11/24(水)、12/1(水)
10:00~15:30
学習室
※3回連続受講できる方
一般10名 ちょっと体験してみるということではなく、不要なシベ部分を取り除き作業に適したワラを選るところからはじめ、基本の縄綯いを習得した後ゾウリや藁沓を製作します。 9/17(金)
受付開始
G-07 木工芸 Christmas Ornament 12/5(日)
10:00~15:00
実験教室
小学校高学年以上10名 クリスマスにちなんだオーナメントを木のオブジェで制作します。材料費等一人700円。 10/5(火)
受付開始
    
F-01 博物館の仕事 体験教室 8/6(金)、8/7(土)
10:00~15:00
学習室・館外・その他
※1回だけの参加も可
小学校5年生~高校生
20名
博物館職員の仕事について知りたい子どもや、秋田の歴史・文化・自然などに興味を持っている子どもを対象とした教室です。資料の取り扱いを実際に体験したり、自然観察の方法を学んだりします。
※教員研修を当館で希望される方の参加も歓迎いたします。
6/8(火)
受付開始
K-01 秋田をまなぶ講座 シリーズ2021「阿仁鉱山と院内銀山の結びつき」 7/3(土)
13:30~15:00
講堂
一般60名 講師:今井忠男氏(秋田大学国際資源学部資源開発環境コース教授)
放送大学秋田学習センター主催による「秋田をまなぶ講座 シリーズ2021」の第1回目の講座として、当館を会場に実施いたします。参加申込も当館で受け付けます。
5/7(金)
受付開始
K-02 真澄に学ぶ教室:講演会
第1回「菅江真澄の『善知鳥』考」
7/11(日)
14:00~15:30
講堂
一般60名 講師:永井登志樹氏(菅江真澄研究会副会長)
外部から講師をお招きして、菅江真澄に関わる諸研究の成果を発表して頂き、真澄を通して郷土の文化や歴史を学ぶ手がかりとします。今回は、菅江真澄研究会副会長の永井氏に、真澄の記録した「善知鳥」についてお話ししていただきます。
5/11(火)
受付開始
K-03 講演会「三吉霊神の謎を解く-この神はいかなる神であるのか-」 10/3(日)
13:30~15:00
講堂
一般60名 講師:齊藤壽胤氏
太平山の信仰についての講演会です。コロナの関係で一度中止させていただきましたが、講演を希望する要望が多かったため、今年度実施したいと思います。
8/3(火)
受付開始
K-04 真澄に学ぶ教室:講演会
第2回
10/10(日)
14:00~15:30
講堂
一般60名 講師:石井正己氏(東京学芸大学教授)
菅江真澄に関わる諸研究の成果や課題、真澄や真澄の著作を学ぶ新たな視点などについてお話をして頂きます。演題は「未定」です。
8/11(水)
受付開始
K-05 秋田の先覚記念室講演会 10/31(日)
14:00~15:30
講堂
一般60名 講師:北条常久氏(あきた文学資料館名誉館長)
「秋田の先覚者」について講演していただきます。
8/31(火)
受付開始



ページの先頭に戻る


名誉館長館話

講師:新野直吉(秋田県立博物館名誉館長)

博物館教室一覧へ申し込み方法へ

講話タイトル 開催日時・場所 対象・人数 内容 募集状況
M-01 新野直吉
名誉館長館話-秋田史談-(前期)


①5/21(金)
②6/18(金)
③7/16(金)
※1回だけの参加も可
14:00~15:00
講堂
一般
60名
全3回にわたり、当館の新野直吉・名誉館長が秋田の歴史について館話を行います。
①「秋田と海運」
②「秋田城の存在意義」
③「秋田の支配豪族」
▶チラシはこちら
受付中
M-02 新野直吉
名誉館長館話-秋田史談-(後期)
①9/10(金)
②10/8(金)
※1回だけの参加も可
14:00~15:00
講堂
一般
60名
全2回にわたり、当館の新野直吉・名誉館長が秋田の歴史について館話を行います。後期は特に、人物に焦点をあてた館話となります。
①「安藤昌益」
②「佐藤信淵」
▶チラシはこちら
受付中



ページの先頭に戻る


申し込み方法

博物館教室一覧へ名誉館長館話一覧へ

●実施日の2か月前から参加を受け付けます。但し、その日が休館日に当たる場合、その翌日からとなります。
 また、5月中に始まる行事については、4月6日(火)から順次、受け付けます。
●電話・FAX・はがき・Eメールのいずれかでお申し込みください。
  電話にてお申し込みの場合は、午前9時以降にお願いいたします。
●FAX・はがき・Eメールで申し込まれる場合は、
  参加を希望する教室名・参加者氏名・住所・年齢・電話番号を明記してください。
●博物館の受付で直接お申し込みいただいても結構です。
●参加料は基本的に無料ですが、保険料や材料費をいただく教室もあります。
●定員になり次第、募集を締め切ります。
●教室の受付状況は、最新の状況が反映されるまで、お時間がかかる場合があります。ご了承ください。
●内容のお問い合わせは、博物館の<博物館教室担当>まで

秋田県立博物館 博物館教室担当
〒010-0124 秋田県秋田市金足鳰崎字後山52
電話 018-873-4121
FAX 018-873-4123
Eメール info@akihaku.jp



ページの先頭に戻る