秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  



2019年度の博物館教室など一覧


予定が変更になる場合がありますので、お申し込み前に今一度ご確認をお願いいたします

名誉館長館話一覧へ申し込み方法へ
 
教室名 開催日時・場所 対象・人数 内容 募集状況
S-01 化石と地層の観察会(2回連続) ①5/26(日) 観察・採集
男鹿市五里合安田海岸
②6/ 2(日)  学習会 実験教室
※2回連続受講できる方
いずれも9:30~12:00
小学校4年生以上20名
(保護者同伴であれば小3以下でも可)
安田海岸で観察会を行い、地層の観察と化石の採集から標本づくりまでを通して、大地の生い立ちとその調べ方を学びます。講師・渡部晟氏
①観察・採集の講座では保険料150円。 
受付終了
S-02 昆虫教室
-採集と標本づくり-(2回連続)
①7/21(日) 小泉潟公園
②8/18(日) 実験教室
※2回連続受講できる方
いずれも10:00~15:00
小学校3年生以上20名(保護者同伴であれば小3未満でも可) 小泉潟公園で昆虫を採集し、標本を作製します。8月には、採集した標本の種類調べ、簡単な標本箱の作製を行います。
①7月は保険料150円。チラシはこちら
受付終了
S-03 夜の昆虫観察会 7/27(土)
19:00~20:30
小泉潟公園(博物館正面入口わき)
一般20名
(小学生は保護者同伴)
夜間、灯火や糖蜜に集まる昆虫を観察します。
保険料150円。チラシはこちら
受付終了
S-04 くん製教室 初級編 9/22(日)
10:00~14:00
実験教室
一般10名 スーパーやコンビニで簡単に手に入る食材をくん製にします。
食材は各自が購入します。
受付終了
S-05 昆虫同定技術入門 10/13(日)
10:00~15:00
実験教室
高校生以上10名 実物の昆虫標本を用いて、検索表の使い方、交尾器の検鏡、微小な昆虫の標本作製などの実習を行います。 受付終了
 
J-01 「はじめての真澄学」
-今さら聞けない真澄-(全2回)
6/16(日)、12/15(日)
13:00~15:00
学習室
一般各40名 これから真澄を学びたいと思っている「真澄初学者」のための講話です。「真澄についていろいろ話を聞きたいけれど、今さらこんなことを聞くのもなあ」と思われている方、ぜひご参加ください。真澄学習のスタートとなるような内容を予定しています。
チラシはこちら
受付中
J-02 初めての古文書解読(6回連続) 5/9、5/16、5/23、5/30、6/6、6/13
(いずれも木曜日)
※6回連続受講できる方
13:30~15:30
学習室
一般25名 江戸時代のくずし字の解読法を、オリジナルテキストを使い輪読形式で学習します。▶チラシはこちら 受付終了
J-03 「真澄に学ぶ教室」講読会
-県外の日記を読む-(全10回)
5/25、6/22、7/27、8/24、9/28、10/26、11/23、12/21、1/25、2/22
(いずれも土曜日)
13:00~15:00
学習室
一般各40名 信濃の日記から始まる初期の日記を取り上げ、日記の概要や主な内容を見ながら、名場面の原文(活字)を読んでいきます。一部、秋田の日記も取り上げます。▶チラシはこちら 受付中
J-04 土器作り教室(2回連続) ①7/28(日) 成形 実験教室
②9/ 1(日) 焼成作業 屋外
※2回連続受講できる方
いずれも10:00~15:00
小学生~一般16名
(小学生は保護者同伴)
本物の縄文土器を観察しながら土器作りを学び、陶芸用粘土を使って成形し、野焼きで焼き上げる。
粘土代300円、野外作業は保険料150円。▶チラシはこちら
受付終了
J-05 三浦館・旧奈良家住宅合同見学会 9/25(水)
9:30~15:00
三浦館・分館
一般20名 金足地区の豪農旧奈良家住宅と三浦館を見学し、建築の特徴や建物の歴史に触れます。
三浦館への協力金として一人700円が必要です。
▶チラシはこちら
受付終了
J-06 縄文土器の縄を知ろう 9/29(日)
10:00~15:00
学習室
一般20名 縄文土器の縄目文様をつけた縄についての講義が中心です。実際に縄作りを少し体験します。 受付終了
J-07 古文書修復体験教室(2回連続) 10/12(土)、10/26(土)
※2回連続受講できる方
13:30~16:30
実験教室
一般10名 表具師 木村明夫先生から古文書や和本修復の技法を習います。「ノリを作って」「和紙をちぎって」の世界。求められるのは伝統技法への尊敬の念と指先の器用さです。
教材費2,000円。
受付終了
J-08 拓本体験教室 10/24(木)
10:00~15:00
実験教室・分館 
一般10名 拓本は、文字や模様を紙に写し取る伝統的な複写技法です。出土した土器や古銭、化石、石碑などの拓本の取り方を学習します。▶チラシはこちら 受付終了
J-09 民俗学入門講座(全2回) 12/8(日)、12/22(日)
13:30~15:00
学習室
一般各20名 秋田県内の民俗を紹介します。 受付中
J-10 秋田の先覚者 2/8(土)、2/15(土)
13:30~15:00
学習室
1回だけの参加も可
一般各30名 当館・秋田の先覚記念室で常設展示されていない秋田の先覚者について紹介します。 受付中
     
G-01 初めての藍の絞り染め(全4回) ①5/11(土)10:00~12:00
②5/29(水)~6/1(土)のうち1日
10:00~15:30
③7/6(土)10:00~15:30
④7/17(水)~7/20(土)のうち1日
10:00~15:30
実験教室 ガレージ 講堂
一般各25名 四つのコースから一つを選択して布を染めます。
※7/6(土)は中間チェック日で必要に応じて受講します。
染色材料代1,000円・浴衣地等材料費実費
チラシはこちら
受付終了
G-02 キッズ編組講座 7/24(水)
実験教室
10:00~12:00
小学生20名
(小学生は保護者同伴)
オニグルミの樹皮を編んで、小物をつくります。自然素材を生活に取り入れる楽しさを子供達に味わってほしいと思います。
※参加児童の氏名、住所、電話番号、生年月日と付き添いの保護者の方の氏名をお知らせください。
チラシはこちら
受付終了
G-03 樹皮を編む(2回連続)
~オニグルミで作る小物入れ~
10/2(水)、10/3(木)
実験教室
※2回連続受講できる方
10:00~15:30
一般10名 オニグルミの樹皮を編んで小物入れを作ります。人気のため以前受講された方はご遠慮ください。 受付終了
G-04 ミニコダシを編む
~男鹿に伝わるトジナコダシの技術~
11/7(木)
実験教室
10:00~15:30
一般10名 男鹿ではアオツヅラフジを使ったコダシが作られていました。その技術を今によみがえらせ、麻紐を使った小さいコダシを製作します。 受付終了
G-05 ゼロからはじめるわら仕事(3回連続) 11/20(水)、11/27(水)、12/4(水)
学習室
※3回連続受講できる方
10:00~15:30
一般20名 ワラを選り、ワラを打つところから始め、ぞうりやわらじ、わらぐつなどを製作します。
チラシはこちら
受付終了
G-06 糸をつむぐ 11/21(木)
実験教室
10:00~15:30
一般10名 糸を紡いでブローチを製作します。 受付終了
     
F-01 未来の学芸員養成講座 自然編 8/3(土) 10:00~15:00
学習室
小学校5年生~高校生
20名
将来学芸員となる希望を持つ子どもたちに秋田の自然の過去と現在、そして歴史の魅力を伝えます。二日目は久保田城跡を探検するツアーです。 受付終了
未来の学芸員養成講座 歴史編1 8/3(土) 10:00~15:00
学習室
未来の学芸員養成講座 歴史編2 8/4(日) 9:00~12:00
久保田城跡
     
K-01 「真澄に学ぶ教室」講演会 第1回 7/14(日)14:00~15:30
講堂
一般80名 菅江真澄に関わる諸研究の成果や課題を聞き、真澄や真澄の著作を学ぶ新たな視点をさぐるとともに、郷土の文化や歴史を学ぶ手がかりとします。講師は佐々木利和氏(北海道大学アイヌ・先住民研究センター客員教授)、演題は「真澄さんの見た蝦夷地・アイヌ」です。
チラシはこちら
受付終了
K-02 秋田の先覚記念室講演会 11/3(日)14:00~15:30
講堂
一般80名 「齋藤憲三先生を想う」をテーマに講演していただきます。講師は山崎澄子氏(公益財団法人齋藤憲三・山﨑貞一顕彰会 評議員)。
チラシはこちら
受付終了
K-03 「真澄に学ぶ教室」講演会 第2回 11/10(日)14:00~15:30
講堂
一般80名 菅江真澄に関わる諸研究の成果や課題を聞き、真澄や真澄の著作を学ぶ新たな視点をさぐるとともに、郷土の文化や歴史を学ぶ手がかりとします。講師は天野荘平氏(男鹿市菅江真澄研究会会長)、演題は「男鹿に生きるナマハゲたち」です。
チラシはこちら
受付終了



ページの先頭に戻る


名誉館長館話

講師:新野直吉(秋田県立博物館名誉館長)

博物館教室一覧へ申し込み方法へ

講話タイトル 開催日時・場所 対象・人数 内容 募集状況
M-01 新野直吉
名誉館長館話-秋田城の歴史的意義-(前期)
①5/10(金)
②6/ 7(金)
③7/ 5(金)
1回だけの参加も可
14:00~15:00
講堂
一般
80名
1回だけの参加も可
①奈良時代の秋田城
②平安期における秋田城
③武家時代の秋田城
受付終了
M-02 新野直吉
名誉館長館話-秋田の先覚-(後期)
①9/20(金)
②10/ 11(金)
1回だけの参加も可
14:00~15:00
講堂
一般
80名
1回だけの参加も可
①内藤湖南について
②東海林太郎について
チラシはこちら
受付終了



ページの先頭に戻る


申し込み方法

博物館教室一覧へ名誉館長館話一覧へ

●実施日の2か月前から参加を受け付けます。但し、その日が休館日に当たる場合、その翌日からとなります。
 また、5月中に始まる行事については、4月2日から順次、受け付けます。
●電話・FAX・はがき・Eメールのいずれかでお申し込みください。
●FAX・はがき・Eメールで申し込まれる場合は、
  参加を希望する教室名・参加者氏名・住所・年齢・電話番号を明記してください。 
  保険が必要な教室は、お名前のふりがな・生年月日をお知らせください。
●博物館の受付で直接お申し込みいただいても結構です。
●参加料は基本的に無料ですが、保険料や材料費をいただく教室もあります。
●定員になり次第、募集を締め切ります。
●教室の受付状況は、最新の状況が反映されるまで、お時間がかかる場合があります。ご了承ください。
●内容のお問い合わせは、博物館の<博物館教室担当>まで

秋田県立博物館 博物館教室担当
〒010-0124 秋田県秋田市金足鳰崎字後山52
電話 018-873-4121
FAX 018-873-4123
Eメール info@akihaku.jp



ページの先頭に戻る