秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  



調査研究

 博物館において調査研究活動は、博物館における諸活動の根幹となるもので、博物館機能の主要なものです。当館では8部門からなる「部門研究の推進」と、「共同研究、地域研究、博物館学的研究の推進」の2つをテーマとして調査研究活動を行っています。部門研究は展示活動や教育普及活動をはじめとして、研究報告などでもその成果を皆さんにご紹介しています。以下は秋田県立博物館における調査研究テーマですが、部門研究と地域研究は各部門ごとに、博物館学的研究と共同研究につきましてはテーマのみを記しています。


部門研究テーマ(令和3年度)


考古 秋田県内出土の玦状耳飾について
大正後期から昭和初期における秋田の考古会の情勢について
~深澤多市関連資料を中心として~
歴史 土崎湊小宿松本家の業態
館所蔵の城絵図および関係資料の調査
民俗 収蔵資料の調査
甲子園の土の生みの親 石川真良について
生物 金足地区周辺の鳥類相の調査
秋田の外来生物
地質 秋田県内のコンクリーションについて
秋田県の石材
工芸 秋田県内における漆工に関する調査~紫塗~
秋田県で生産された布・衣類について~素材と生産形態~
先覚 先覚者・近江谷栄次と小牧近江父子の展示へ向けての調査
真澄 展示公開に向けた深澤多市資料の整理
真澄が記録した雨乞習俗に関する内容についての整理と展示公開


共同研究、博物館学的研究テーマ


博物館学的研究 企画展示室の可能性 「美の國の名残」による実践
収蔵庫整理と資料リスト作成



資料


北は北海道から南は長崎県まで、日本海沿岸道府県の水産研究機関が共同で各道府県海域の魚類に関する文献を収集・整理した目録が完成しました。道府県海域ごとの魚類目録が分かりやすく表示されています。下のリンクからダウンロードして御利用ください。

  日本海産魚類目録 (Excel ファイル 130KB)



田口召平氏の箕製作技術
 秋田県内では秋田市太平地区と仙北市角館町雲然地区で箕作りが行われており、この2地区の箕作り技術は平成21年、重要無形民俗文化財にも指定されています。
 ここでは秋田市太平地区在住の田口召平氏の箕作りの製作工程を紹介します。田口氏はオエダラ箕製作技術保存会の会長で、自身も60年余りにわたって箕作りに従事していらっしゃいます。
 平成27年3月14日に行われた調査研究報告会で配布した資料に誤りがありましたので、訂正加筆したものを掲載いたしました。

  箕作り行程資料(PDFファイル)