秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  



調査研究

 博物館において調査研究活動は、博物館における諸活動の根幹となるもので、博物館機能の主要なものです。当館では8部門からなる「部門研究の推進」と、「共同研究、地域研究、博物館学的研究の推進」の2つをテーマとして調査研究活動を行っています。部門研究は展示活動や教育普及活動をはじめとして、研究報告などでもその成果を皆さんにご紹介しています。以下は秋田県立博物館における調査研究テーマですが、部門研究と地域研究は各部門ごとに、博物館学的研究と共同研究につきましてはテーマのみを記しています。


部門研究テーマ(平成30年度)


考古 縄文土器底面敷物圧痕について
歴史 歴史資料による高校日本史の授業の研究 (中世編)
松本家資料の整理と研究
守屋家資料の研究
民俗 太平山信仰の広がりについて
生物 秋田県に生息する希少動物の生態調査
秋田県産マルハキバガ科蛾類の標本収集とリスト作成
地質 秋田県男鹿半島における露頭、化石産地の調査
三脚石器の石質と地質環境
工芸 編組品にみる地域性の研究
秋田県の裂と文様
先覚 民族音楽の研究者 黒沢隆朝(秋田の先覚記念室・企画コーナー展)
秋田の先覚者・小場恒吉の業績の再確認と展示へ向けての調査
真澄 真澄、名所を謳う
アイヌの人々の生活や文化について ~菅江真澄の視点を通して~


共同研究、博物館学的研究テーマ


博物館学的研究 博物館の出前授業認知度の調査 ~県内の病弱教育の特別支援学校を対象として~
生涯学習の拠点としての県立博物館の役割



資料


北は北海道から南は長崎県まで、日本海沿岸道府県の水産研究機関が共同で各道府県海域の魚類に関する文献を収集・整理した目録が完成しました。道府県海域ごとの魚類目録が分かりやすく表示されています。下のリンクからダウンロードして御利用ください。

  日本海産魚類目録 (Excel ファイル 130KB)



田口召平氏の箕製作技術
 秋田県内では秋田市太平地区と仙北市角館町雲然地区で箕作りが行われており、この2地区の箕作り技術は平成21年、重要無形民俗文化財にも指定されています。
 ここでは秋田市太平地区在住の田口召平氏の箕作りの製作工程を紹介します。田口氏はオエダラ箕製作技術保存会の会長で、自身も60年余りにわたって箕作りに従事していらっしゃいます。
 平成27年3月14日に行われた調査研究報告会で配布した資料に誤りがありましたので、訂正加筆したものを掲載いたしました。

  箕作り行程資料(PDFファイル)