秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  



お申し込みから、ご見学までの流れ



1 来館の日時と見学内容をお考えください。
  先生方の授業内容に博物館の展示をどのように活用できるのか、ご相談に応じます。
特別支援学校の児童・生徒へも、幅広い授業になるようお手伝いします。
※出前授業の申し込みも同様です。


2 セカンドスクール担当あてにお電話ください。
(1)見学日時 (2)生徒数・引率教員数 (3)見学場所 (4)希望する学習内容 をお伝えください。 


3 「博物館利用申込書」をダウンロードしてください。
 「博物館利用申込書(兼特別展入館料・使用料免除申請書) 学校団体用」
Word形式  一太郎形式  PDF形式

※大学は一般団体でのお申し込みをお願いいたします。


4 打ち合わせ内容に基づき、「博物館利用申込書」に必要事項を記入し、 まずはFAXしてください。 電子メール添付で送付していただいてもかまいません。
(1)当館での受け入れや対応に万全を期すため、「学習内容の打ち合わせ」が済み次第、「博物館利用申込書(兼特別展入館料・使用料免除申請書) 学校団体用」に必要事項をご記入の上、できるだけ早期にお送りください。

(2)必要に応じて、担当職員が電話等で打ち合わせをさせていただきます。


5 「博物館利用申込書」の原本を郵送または持参してください。


6 博物館の担当職員によるオリエンテーションから学習を開始します。
 当日、入館時間の変更などがありましたら、職員にご連絡ください。オリエンテーションとして「博物館の利用の仕方」を説明します。

※必要に応じて、学習内容に即した「学習シート」をダウンロードしてご使用ください。
学校での印刷・配布は自由に行ってかまいません。 


■お申し込みにあたって■


 例年、春季と秋季はセカンドスクールをはじめとする団体利用が多く、混雑が予想されます。また、ご希望の日時に担当職員が不在の可能性もあります。博物館ではできるだけご希望にそえるように調整を行いますが、やむを得ず日程の変更をお願いする場合もありますので、あらかじめご了承ください。
 担当の先生には、事前に一度来館の上、下見してくださいますようお勧めします。
 最近公共の場でもマナーについて問題になっていますが、博物館も例外ではありません。利用の際には、事前の指導をよろしくお願いします。総合学習などで児童・生徒だけで来館する際は、特に念入りにお願いします。
 児童・生徒が課題を持って来館し、学芸主事や解説員に質問して学習を行う形での博物館利用が増加しています。利用の際は、次のような点には十分ご注意ください。
  事前連絡がない場合、担当の学芸主事は出張や会議などで対応ができない場合もあります。 必ず事前に日時の打ち合わせを行ってください。
  児童・生徒の質問事項などは1週間前までに連絡していただけると、スムーズな対応が可能になります。
  引率の先生なしに公共交通機関を利用して来館する場合、ルートの下調べや所要時間などの指導を十分に行っていただけるようお願いします。
 
セカンドスクール的利用の申込の一部変更について 

 平成29年度よりセカンドスクール的利用の申込について、繁忙期(5月・6月・10月・11月)には「雨天時のみ」の利用申込をお断りすることに致します。
 これは、「学校団体が博物館の展示や施設を利用して郷土の文化や自然を学ぶ」機会を保証するためです。近年、「雨天時に限って利用する」という申込のため、天候に関わらず博物館を利用しての学習を希望する学校団体の申込を、お断りしなければならない状況が続いていました。
 つきましては、趣旨を御理解の上、御協力くださるようお願い申し上げます。
 



※お申し込み、内容などのお問い合わせ
秋田県立博物館 セカンドスクール担当
〒010-0124 秋田市金足鳰崎字後山52
TEL:018-873-4121 FAX:018-873-4123