秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  



令和4年度の博物館教室など一覧


予定が変更になる場合がありますので、お申し込み前に今一度ご確認をお願いいたします


名誉館長館話一覧へ申し込み方法へ
 
教室名 開催日時・場所 対象・人数 内容 募集状況
S-01 化石と地層の観察会
(2回連続)
5/22(日) 観察・採集
男鹿市五里合安田海岸
②5/29(日)  学
習会 実験教室
※2回連続受講できる方
いずれも9:30~12:00
小学生~一般20名
(小学生以下は保護者同伴のこと)
安田海岸で観察会を行います。地層の観察と化石の採集から標本づくりまでを通して、大地の生い立ちとその調べ方を学びます。講師・渡部晟氏
①観察・採集の講座では保険料一人150円。

▶チラシはこちら
受付終了
S-02 昆虫教室 -採集と標本づくり-
(2回連続)
①7/10(日) 小泉潟公園
②8/7(日)  実験教室
※2回連続受講できる方
いずれも10:00~15:00
小学校3年生以上15名(小学3年未満の児童がついてくる場合は、必ず保護者同伴のこと)
定員数には、同伴される保護者の方の人数も含みます。
小泉潟公園で昆虫を採集し、標本を作製します。8月には、採集した標本の種類調べ、簡単な標本箱の作成を行います。
講師・梅津一史氏
7月は保険料一人150円。

▶チラシはこちら
受付終了
J-01 「真澄に学ぶ教室」講読会
-県外の日記を読む-
の①(土曜午後コース)、②(日曜午前コース)のいずれかを選択して下さい。
①5/28、6/25、7/23、9/24、10/22、11/26、12/24、1/28、2/25、3/25
(いずれも第4土曜日)
13:00~14:45
学習室

②5/29、6/26、7/24、9/25、10/23、11/27、12/25、1/29、2/26、3/26
(いずれも第4日曜日)
10:00~11:45

学習室
一般各25名 秋田県外に関する日記を取り上げ、日記の概要や主な内容を見ながら、名場面の原文(活字)を読んでいきます。
講師・松山修氏(前・当館学芸職員)

▶チラシはこちら
受付中
J-02 初級者向け 秋田の歴史教室(戦国~桃山編) (2回連続) 7/17(日)、8/7(日)
※2回連続受講できる方
13:30~15:00
学習室
高校生以上20名(一般の方も可)
戦国~安土桃山時代を中心に、秋田の歴史を学習します。1回目で資料をじっくりと解読し、その内容に基づいた講義を2回目に行います。初級者向けの講座となります。
▶チラシはこちら
受付終了
J-03 初級編
北東北秋田の縄文を学ぼう
7/30(土)、8/6(土)、12/24(土)
※上記のうち希望日を選択して参加
(いずれも同じ内容となります)
10:00~12:00
実験教室
小学生~一般
(小学生は保護者同伴のこと)
各10名
石膏で遮光器土偶のレリーフや岩偶のレプリカを作り人文展示室の縄文遺物の価値について学ぶことを通し、世界遺産になった北海道・北東北の縄文遺跡群と秋田の縄文文化(衣食住や土偶・環状列石に関わる精神文化等)について理解を深めます。 12/24のみ
受付中
J-04 三浦館・旧奈良家住宅の見学会 9/30(金)
10:00~15:00
三浦館・分館
一般10名 金足地区の豪農三浦館と旧奈良家を見学し、建築の特徴や建物の歴史に触れます。
三浦館への協力金として一人700円が必要です。
▶チラシはこちら
受付終了
J-05 旧奈良家住宅で昔語り 10/2(日)
13:30~15:00
分館
一般20名 旧奈良家住宅で秋田の昔話を聞いたり、昔の遊びや歌を楽しんだりします。
講師:秋田民話の会のみなさん
▶チラシはこちら
受付中
J-06 地域回想法 10/8(土)、11/13(日)
※1回だけの参加も可
いずれも13:30~15:00
学習室
一般各20名 60年ほど前に使われていた民具を用いて、懐かしい思い出を語り合うことによって蘇る豊かな感情をこれからの生活につなげていきます。講師は、浅野朝秋氏(秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻 准教授)です。
▶チラシはこちら
受付中
J-07 土器作り教室
(2回連続)
10/9(日) 成形 実験教室
11/6(日) 焼成作業 屋外
※2回連続受講できる方
いずれも10:00~15:00
小学生~一般
(小学生は保護者同伴のこと)
16名
縄文土器の実物を観察しながら土器の作り方を学びます。1日目は陶芸用粘土を使って成形し、文様をつけます。2日目は野焼きで焼き上げます。
粘土代300円、野外作業は保険料一人150円。
受付中
J-08 初めての古文書解読
(6回連続)
2/5、2/12、2/19、3/5、3/12、3/19
(各日曜日)
※6回連続受講できる方
13:30~15:30
学習室
一般25名 近世くずし字の解読法を学習します。オリジナル・テキストを使用し、毎回例題を出し次回に答え合わせをします。 12/6(火)
受付開始
J-09 民俗学入門講座 3/4(土)、3/11(土)
※1回だけの参加も可
13:30~15:00
学習室
一般20名 秋田の民俗事例について紹介します。 1/6(金)
受付開始
  
G-01 初めての藍の絞り染め
(4回連続)



※8/9(火)~8/11(木)実施分は延期します
5/21(土) 10:00~12:00
6/28(火)~6/30(木)のうち1日
10:00~16:00
7/9(土) 10:00~16:00
8/9(火)~8/11(木・祝)のうち1日
10:00~16:00
※4回連続受講できる方
実験教室・ガレージ・ガレージ前庭
(5/21講堂、他実験教室)
一般20名 秋田県で行われた伝統的な絞り染めの技術を学びます。絞り方により3つのコース(A:鹿の子・帽子絞り B:立涌絞り C:三浦絞り)に分かれ、木綿の浴衣地一反分を計画的に絞りあげて、藍で染めます。

※受講者負担染料関係等材料費   一人1,200円

▶チラシはこちら
受付終了
G-02 綿を紡ぐ
(6回連続)



※8/31(水)実施分は9/22(木)に延期します
6/8(水)  10:00~12:00
7/20(水)  10:00~12:00
8/31(水)  10:00~15:00
9/28(水)  10:00~15:00
10/26(水) 10:00~15:00
11/9(水)  10:00~15:00
※6回連続受講できる方
実験教室・県立大学
(7/20県立大学、他実験教室)
一般10名 綿を育て、江戸時代の製法で糸に紡ぎ、布を織るまでの講座です。初回に県立大学で育てた綿の苗を10株ほどお渡ししますので、自宅栽培に挑戦しましょう。栽培時の土、肥料、鉢等は実費となります。
※自宅で綿を育てるスペースがあるか、もしくは大きめの深鉢が10個用意できるか、申し込み前に必ずご確認ください。
※連続受講できる方のみお申し込みください。
受付終了
G-03 木工芸 木のオブジェづくり
ランドスケープスカルプチャー
7/3(日)
10:00~15:00
実験教室
小学校高学年以上10名 木のオブジェでデスクトップ用のランドスケープスカルプチャー(風景彫刻)に挑戦します。
材料費等一人700円。
▶チラシはこちら
受付終了
G-04 からむしを紡ぐ(全5回 7/15(金)、7/16(土)、
10/5(水)、10/6(木)、
12/8(木)
※5回
連続受講できる方
10:00~15:30
実験教室
一般8名 カラムシの皮を剥いて繊維を取り出し、布を織るまでの講座です。
※連続受講できる方のみお申し込みください。
受付終了
G-05 ゼロから始めるワラ仕事
(3回連続)
11/16(水)、11/23(水・祝)、11/30(水)
※3回連続受講できる方
10:00~15:30
学習室
一般10名 ちょっと体験してみるということではなく、不要なシベ部分を取り除き作業に適したワラを選るところからはじめ、基本の縄綯いを習得した後ゾウリを製作します。
▶チラシはこちら
受付中
G-06 木工芸 Christmas Ornament 12/4(日)
10:00~15:00
実験教室
小学校高学年以上10名 クリスマスにちなんだオーナメントを木のオブジェで制作します。材料費等一人700円。
10/4(火)
受付開始
G-07 秋田の工芸 モノ考 12/4(日)
13:30~15:30
学習室
一般20名 博物館に収蔵している工芸品をいくつか取り上げ、秋田の手仕事の営みについて紹介します。 10/5(水)
受付開始
G-08 男鹿に伝わるトジナの技術 3/5(日)
10:00~15:30
実験教室
一般10名 男鹿にはかつて海岸部に自生するトジナ(アオツヅラフジ)を使ったコダシ作りが盛んに行われていました。本講座では麻紐を使って、今では見かけなくなったコダシ作りの技術を再現します。
※アオツヅラフジは現在採集が難しい為、麻紐を使います。
1/6(金)
受付開始
    
K-01 真澄に学ぶ教室:講演会 10/9(日)
14:00~16:00
講堂
一般60名 外部から講師をお招きして、菅江真澄に関わる諸研究の成果を発表して頂き、真澄を通して郷土の文化や歴史を学ぶ手がかりとします。講師は東京学芸大学教授の石井正己先生、演題は「山口弥一郎と菅江真澄 ―「羽後仙北地方の地名考」から―」です。
▶チラシはこちら
受付中
K-02 秋田の先覚記念室講演会 10/30(日)
14:00~15:30
講堂
一般60名 秋田県埋蔵文化財センター元所長の小林克氏と角館樺細工伝承館元館長の中田達男氏をお招きし、「武藤鉄城」について講演していただきます。
▶チラシはこちら
受付中



ページの先頭に戻る


名誉館長館話

講師:新野直吉(秋田県立博物館名誉館長)

博物館教室一覧へ申し込み方法へ

講話タイトル 開催日時・場所 対象・人数 内容 募集状況
M-01 新野直吉
名誉館長館話 (前期)
①5/20(金)
②6/17(金)
③7/15(金)
※1回だけの参加も可
14:00~15:00
講堂
一般
60名
全3回にわたり、当館の新野直吉・名誉館長が秋田の歴史について館話を行います。
①「中世秋田武将の諸相」
②「佐藤信淵 (1回目)」
③「佐藤信淵 (2回目)」

※内容を変更する場合もあります
▶チラシはこちら
受付終了
M-02 新野直吉
名誉館長館話 (後期)
①9/16(金)
②10/14(金)
※1回だけの参加も可
14:00~15:00
講堂
一般
60名
全2回にわたり、当館の新野直吉・名誉館長が秋田の歴史について館話を行います。後期は平田篤胤に焦点をあてた館話となります。
①「平田篤胤 (1回目)」
②「平田篤胤 (2回目)」

※内容を変更する場合もあります
▶チラシはこちら
受付中



ページの先頭に戻る


申し込み方法

博物館教室一覧へ名誉館長館話一覧へ

●原則として実施日の2か月前から参加を受け付けます。但し、その日が休館日に当たる場合、その翌日からとなります。
 また、5月中に始まる行事については、一覧表で受付開始日をお確かめの上、お申し込みください。
●電話・FAX・はがき・Eメールのいずれかでお申し込みください。
  電話にてお申し込みの場合は、午前9時以降にお願いいたします。
●FAX・はがき・Eメールで申し込まれる場合は、
  参加を希望する教室名・参加者氏名・住所・年齢・電話番号を明記してください。
●博物館の受付で直接お申し込みいただいても結構です。
●参加料は基本的に無料ですが、保険料や材料費をいただく教室もあります。
●定員になり次第、募集を締め切ります。
●教室の受付状況は、最新の状況が反映されるまで、お時間がかかる場合があります。ご了承ください。
●新型コロナウイルスの感染状況によっては、中止や延期となる場合もあります。ご了承ください。
●ご来館の際は、新型コロナウイルス感染対策にご協力をお願いいたします。
  (1) 発熱や風邪症状などがある場合は、ご参加をお断りすることがあります。
  (2) マスクの着用、手指の消毒、検温等にご協力をお願いいたします。 
●内容のお問い合わせは、博物館の<博物館教室担当>まで

秋田県立博物館 博物館教室担当
〒010-0124 秋田県秋田市金足鳰崎字後山52
電話 018-873-4121
FAX 018-873-4123
Eメール info@akihaku.jp



ページの先頭に戻る